スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレーン倒れ、1人重体=病院建設現場、3人軽傷か-長野(時事通信)

 長野県駒ケ根市の伊南行政組合消防本部に入った連絡によると、22日午後2時半ごろ、同市の県立駒ケ根病院本館棟の建設現場で、クレーン車が倒れ、男性作業員1人がアームの下敷きになり重体となった。ほかに作業員3人が軽傷とみられるという。 

【関連ニュース】
クレーン車横転、突風か=作業員2人重軽傷
クレーン車倒れ作業員死亡=つり下げ資材の下敷き

<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発(産経新聞)
中日・ネルソン投手逮捕、銃弾1発所持の疑い(読売新聞)
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる-福岡高裁(時事通信)
国会 24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
スポンサーサイト

小沢幹事長進退が再浮上か 長崎と町田で民主系候補惨敗(J-CASTニュース)

 与野党対決の構図になった長崎県知事選と東京・町田市長選で、与党の推薦候補がそろって敗れた。鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題が民主党への逆風となった形だ。小沢幹事長の進退問題が再び浮上する可能性がある。

■衆院選全勝「長崎」の知事選で大敗

 7月に想定される参院選の前哨戦として注目された長崎県知事選は2010年2月21日、投開票され、民主・社民・国民新の各党が推薦した元農水省改革推進室長の橋本剛氏(40)は、自民・公明両党が支援した前副知事の中村法道氏(59)に9万票以上の大差で敗れた。

 東京・町田市長選でも、民主・社民・国民などが推進した元首都大学東京教授の秋山哲男氏(61)が、自民・公明の支援を受けた現職・石阪丈一氏(62)に3万票差をつけられて完敗した。

 いずれも投票率が前回より高く、無党派層の動向がカギを握ることになったが、2009年までは民主系候補に投票していた無党派層が離れたのが敗因とみられる。鳩山首相や小沢幹事長の政治資金問題で民主党への逆風が強まっているが、選挙の結果としても表れた形だ。

 県知事選のあった長崎県は09年夏の総選挙で民主党候補が4つの小選挙区すべてで勝利している。特に長崎2区は、薬害肝炎九州原告団代表の福田衣里子氏が久間章生元防衛相を破り、政権交代を象徴する選挙区となった。しかし、かつての追い風は逆風に変わり、知事選の大敗につながった。

 内閣支持率も下がり続けている。朝日新聞が2月20日、21日に実施した世論調査では、鳩山内閣の支持率は37%となり、同社の調査では初めて4割を切った。「小沢氏は幹事長を辞任すべき」という意見が64%にのぼっており、相変わらず強い「小沢批判」が民主党政権を直撃しているといえる。

■鳩山首相「やはり政治とカネの問題が影響した」

 このような状況を生かそうと、自民党は「政治とカネ」の問題に絞って民主党を攻撃する作戦に出ている。国会では、民主党の小沢幹事長らの証人喚問を要求。民主党が応じないことから、2月22日には2010年度予算案の審議を拒否した。衆院予算委員会は自民党欠席のまま開かれる異常事態となった。

 ただ、野党でも公明・共産・みんなの3党は出席。自民党内にも、河野太郎議員など執行部の対応を批判する声がある。国民のなかには「予算案の審議をしっかりやってくれ」という空気もあり、同党の審議拒否作戦が世論の支持を得られるかは微妙だ。

 一方、鳩山首相は22日朝、長崎県知事選の結果について

  「厳しかったですね。やはり政治とカネの問題が影響したというべきだと思います」

と述べ、民主党への逆風が強かったことを認めた。小沢幹事長も22日夕の定例会見で、

  「長崎県知事選でかなりの大差で負けてしまったことは大変残念に思っている。国政選挙と地方選挙はいろいろな意味で違っているが、私自身の不徳の致すところで皆様に迷惑をかけたことについては大変申し訳なく思っている」

と発言。自らの政治資金問題が選挙結果に影響したとの見方を示した。国民への説明責任については、

  「すべての資料・情報を当局で調べた結果が(不起訴として)出ている。何も隠すことはない。全国を回って、その場で疑問があれば答えていくということだと思う」

と述べ、国会の証人喚問に応じるかどうかについては言及しなかった。


■関連記事
民主を次々襲う「政治とカネ」疑惑 今度は北教組の違法献金 : 2010/02/17
幹事長続投小沢氏 「公平・公正な捜査の結果」 : 2010/02/04
岡田外相「ぶら下がり取材」廃止 記者クラブが押し切られる : 2010/02/19
南沢奈央「10代最後のすっぴん」見せます! au「LISMO!」が高画質ビデオで配信 : 2010/02/22
「復帰」北野誠と和田アキ子 その意外な共通点とは : 2010/02/21

伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?(産経新聞)
予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針-自民(時事通信)
<直木賞>選考委員、五木寛之さんが辞意(毎日新聞)
<労働者派遣>改正法案妥当の答申出す 労働政策審(毎日新聞)
自民、佐藤ゆかり氏ら公認(スポーツ報知)

府市再編、溝深く 橋下知事「辞任も」 政治グループ過半数割れなら(産経新聞)

 大阪府と大阪市の再編をめぐり、橋下徹知事と平松邦夫市長が22日、大阪市都島区の市公館で意見交換を行った。2人が府市再編をテーマに公開の場で議論したのは初めてだったが、互いの主張は行き違い、ちぐはぐな議論に終始した。橋下知事は、来春の統一地方選で府市統合に賛同する政治グループで府、市議会の過半数が確保できない場合には「退陣する」と辞任も示唆。平松市長が「責任ある立場の人が軽々に退陣を発言するものではない」とたしなめる場面もあった。

 意見交換は、公開の場での議論を希望した平松市長からの提案で開催。日程調整の都合で午前8時からという異例の時間帯に開かれ、終了時間は予定をオーバーした。平松市長は冒頭、雇用や水道事業といった府市が抱える課題についてボードを使って説明。政令市であることを理由に、他の市町村に比べて府から一部の補助金などを受けられない問題を取りあげ「大阪市民も府民税を納めているのにおかしい。いわれなき差別だ」などと訴えた。

 橋下知事は「府市の仕事の役割を広域行政と基礎自治体に整理すればすべて解決する」と強調。大学や図書館などの二重行政を指摘し「指揮官を1人にし、府市の財布をひとつにすべきだ」と持論を展開した。

 これに対し平松市長は「理念先行で中身が見えない。詭弁(きべん)だ」と反論。大阪府域の地図を示し、「どこまでの範囲を広域行政とするのか区別してほしい」と迫る場面もあったが、橋下知事は明言を避けた。

 終了後に取材に応じた平松市長は「仲が悪いわけではない。溝の深さが分かった。具体的な回答が得られなかったのは残念」。橋下知事は「見てる視点が違うことがはっきりした」と話していた。

【関連記事】
燃焼する大阪府市論争の行方は…
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に 
「パーフェクトな予算」橋下知事が自画自賛
新エネルギー産業に1億7800万円 大阪府当初予算案
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし

<わいせつ>取調室で被害女性に行為の疑い、警部補を逮捕(毎日新聞)
<津山市長選>宮地氏が初当選 岡山(毎日新聞)
天井に飛ぶ乗客、渦巻く悲鳴…乱気流の機内(読売新聞)
龍谷大学が合格通知を誤送付 再判定で追加合格(産経新聞)
閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う-東京(時事通信)

<雑記長>120年前沈没のトルコ軍艦に明治天皇寄贈の遺品(毎日新聞)

 120年前に和歌山県串本町沖で沈んだトルコ軍艦「エルトゥールル」号の遺品発掘調査団は20日、明治天皇が贈ったことを示す菊の紋章入りの陶器片を発見した。

 乗組員は天皇と会見後、横浜からの帰途に台風で遭難。地元ダイバーとトルコ人でつくる調査団が、5年間の調査最終日のこの日、皇室ゆかりの遺品を初めて引き揚げた。

 見つけたのは30年以上前から遺品を探してきた同町の榎本広志さん(60)。「菊の御紋が史実を証明してくれてうれしい」と、明治天皇からの思わぬプレゼントに恐悦至極。【山本芳博】

【党首討論詳報】(6)公明代表「今年の確定申告済ませたか」(産経新聞)
「委員長個人からの資金」=民主・小林氏側会計担当、地検聴取に(時事通信)
<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)
<東京都議会>元議員3人の政調費公開、領収書写しすべても(毎日新聞)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(上)のしかかる言葉の壁(産経新聞)

拉致被害者支援法の5年間延長示す 中井担当相、北朝鮮人権法改正にも意欲(産経新聞)

 政府の拉致問題対策本部は17日、国会内で初の拉致問題関係政策会議を開き、帰国した拉致被害者への給付金支給の根拠となる拉致被害者支援法を5年間、自動延長する改正案を衆参の拉致問題特別委員長らに提示した。今後、超党派での議員立法に向け与野党の調整に入る。

 中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相はあいさつで「支援法は(3月で)5年間の期限が来る。帰国した被害者の生活に役立つ法案として活用していきたい」と述べた。同時に、脱北者支援を盛り込んだ北朝鮮人権法についても「難民の定義を緩やかにして国際社会で役割を果たせるよう(政府与党内で)今、検討している。拉致被害者支援法の成立後、ご努力を頂きたい」と述べ、同法の改正にも期待を示した。

【関連記事】
拉致被害者支援法の延長案、民主が議員立法で提出へ
年内に南北首脳会談? 韓国で話題沸騰
「救う会」が懸念表明 北のサッカーチーム入国許可
「拉致家族に慰労と勇気を」 金賢姫元工作員が新年に手紙
「地上の楽園」は地獄だった…帰国事業から半世紀

交通局職員5人 都が戒告処分(産経新聞)
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故-兵庫(時事通信)
ホッキョクグマ 引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)
<学校事故>埼玉で児童13人搬送 一酸化炭素中毒の症状(毎日新聞)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)

人気漫画ネット違法投稿 出版社側は条件付き“共存”模索(産経新聞)

 人気漫画やアニメの画像や動画がインターネット上で無断配信され、著作権が侵害される事例は後を絶たない。悪質なケースは警察が摘発しているが、動画投稿サイトでは、違法動画を削除してもすぐに新たに投稿される「いたちごっこ」の現状がある。このため、敵視一辺倒の姿勢から転換し、こうした投稿を公認する代わりに作品自体の宣伝や広告収入につなげようとする試みも始まっている。

 福岡県警は平成18年、ホームページ上のサイトに人気漫画を掲載していたとして、著作権法違反の疑いで東京都内の会社役員の男=当時(52)=ら3人を逮捕。19年には、京都府警がファイル交換ソフト「ウィニー」を使って週刊少年ジャンプの作品をダウンロードできる状態にしていた大阪市内の男=当時(29)=ら3人を同じ容疑で逮捕している。

 数多くの投稿のチェックには膨大な労力がかかるうえ、効果も上がらないため、違法投稿を逆手にとって利用する動きもある。

 「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」などの人気アニメを制作している角川グループ(東京都)では、個人が同社のアニメを勝手に再編集してユーチューブに投稿した動画のうち、編集の仕方がユニークだったり独創性があったりする“作品”については「公認動画」としてお墨付きを与え、作品の宣伝に生かす試みをスタートさせている。

 具体的には、公認したことを示すマークと広告を動画のページに掲示。動画の再生回数に応じて広告主から得られる収入を、角川グループや原作者、動画の作成者で分配するという「共存」の仕組みを整えており、同社は「新たなビジネスモデルにしたい」としている。

【関連記事】
雑誌発売前の「ワンピース」最新話 ネットに違法投稿
ルフィ、「メンノン」表紙に!漫画は創刊初
「ONE PIECE」初版で285万部 コミックス史上最高初版部数
雑誌のネット配信実験開始 出版社が連携、記事のばら売り可
「ZIPでくれ」も危ない…どこまで合法? ダウンロード違法化

「事件への加担、強要された」=年下の無職少年供述-3人殺傷、宮城・石巻(時事通信)
レンチで脅した商店強盗、菓子投げられ退散(読売新聞)
<野口宇宙飛行士>「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
<官報>両陛下の日程を誤掲載 国立印刷局がミス(毎日新聞)
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定-政府(時事通信)

<異物混入>1月以降連続5件 埼玉のスーパー「マルエツ」(毎日新聞)

 埼玉県内のスーパー「マルエツ」2店舗で14日、食品から縫い針などの異物が相次いで見つかった。県内の「マルエツ」では1月9日以降、食品から縫い針やカッターの刃が見つかる事件が3件あり、いずれもけが人はなかった。県警は偽計業務妨害容疑で捜査している。

 県警によると、同県朝霞市の「マルエツ朝霞店」で、午前中にパック入りひき肉を購入した女性が、自宅で調理した際、縫い針(長さ約3センチ)が交じっていることに気付いた。さらに同県伊奈町の「マルエツ伊奈店」でも、紙パックに入った野菜ジュースが漏れていることに購入者が気付き、店が金属探知機で調べると、ホチキスの針がパックに刺さっていた。【岸本悠】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで
縫い針:食パンに 三重・四日市のジャスコ
おでんに縫い針:「紀文」製品標的か 自主回収も 千葉
偽計業務妨害:おでんパックにカッターの刃--埼玉のスーパー
偽計業務妨害:食品にまた針 埼玉のスーパー、2日続き

<IOC>南京で14年夏季ユース五輪 総会で決まる(毎日新聞)
<沖縄振興策>民間有識者を中心にした会議設置へ 政府(毎日新聞)
警察官引きずりオートバイ逃走=軽傷、標識を無視-東京(時事通信)
暴走鉄道ファン、線路内で撮影し列車止める(読売新聞)
“泳ぐ宝石”が発祥の地に集結 新潟市で初の国際ニシキゴイ品評会(産経新聞)

<強制わいせつ>元Jリーガー逮捕 容疑を否認(毎日新聞)

 元サッカーJリーグ選手の茂原岳人容疑者(28)が強盗と強制わいせつ容疑で警視庁渋谷署に逮捕されていたことが分かった。

 逮捕容疑は、昨年12月中旬の未明、東京都渋谷区松濤1の駐車場に、通りがかりの少女(19)を連れ込みわいせつな行為をしたうえ、現金数万円入りの財布を奪ったとしている。同署によると、茂原容疑者は「行為は合意のうえで、財布も取っていない」と容疑を否認しているという。

 同署によると、現場の遺留物のDNA型が茂原容疑者と一致した。同署が2月上旬に指名手配し、同12日に山梨県内で確保した。

 茂原容疑者はJリーグ川崎フロンターレなどに在籍。08年には日本代表候補にも選ばれた。【古関俊樹】

【関連ニュース】
児童ポルノ:DVD複製・販売 6容疑者逮捕
公然陳列容疑:公共のPC使いポルノサイト開設 少年逮捕
痴漢容疑:非番の女性巡査に 47歳逮捕 埼玉の電車内
子供への性犯罪:教員の摘発が増加 2年で88人
強盗強姦:女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部

宮内婦貴子さん死去(時事通信)
練馬で火災、2幼児死亡 「中に子供が」泣き叫ぶ母親(産経新聞)
同級生「残念」と一言=大森さん告別式-石巻殺傷事件(時事通信)
アパート火災、子供2人死亡=身元確認急ぐ-東京・練馬(時事通信)
鳩山首相、子ども手当「満額」こだわらない?(読売新聞)

<五輪モーグル>娘に、妻に称賛惜しみなく 上村4位(毎日新聞)

 【バンクーバー乗峯滋人】13日(日本時間14日)に当地のサイプレスマウンテンで行われた、バンクーバー五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで、メダルの期待を集めていた上村愛子選手(30)=北野建設=は惜しくも4位に終わった。しかし、常に上村選手を支えてきた母は、重圧と戦いながら五輪で全力の滑りを見せた愛娘に惜しみない称賛を送った。夫のアルペンスキー五輪代表、皆川賢太郎選手(32)=竹村総合設備=は27日に試合を控えるため、新潟県の実家からテレビで妻の大一番を見守り、「最高の滑りを見せた」とたたえた。

 「今までのことすべてに『頑張ったね』って言ってあげたい」。高校生で出場した長野五輪以来、常にプレッシャーと戦い続けてきた上村選手に、母圭子さん(58)は温かい言葉を贈った。

 上村選手が「結婚してつらいのはお母さんに会えないこと」というほど仲の良い親子。圭子さんのバンクーバー入りに合わせて上村選手が「絶対大丈夫だよ。大好きだよ」と手紙を渡せば、圭子さんからは「感動した」というメールが届いた。

 5位に終わったトリノ大会では、圭子さんが手作りの金メダルを渡した。今大会は、花束や応援する人たちの寄せ書きを準備した。しかし、あと一歩でメダルはならず。それでも圭子さんは「大満足です」。会場でプレゼントを渡す機会はなかったが、一瞬、目があった際には、お互いの顔から満面の笑みがこぼれた。

 一方、夫の皆川選手は昨年6月の結婚以来、二人で一緒に練習し、時に技術を教え合い、時に励まし合ってきた。試合の前夜にも上村選手は日本に電話し、皆川選手は「自分の滑りをしっかりやれば大丈夫」と力づけた。

 「世界のトップレベルになると、結果は天気みたいなもの、その日にどの選手が“晴れるか”という感じ。彼女も最高の滑りを見せたと思う」とコメントした皆川選手。27日の本番に向け、自身は15日に日本を出発する。「愛子もきちんとゴールして結果を残したので、自分も200%の力を出したい」という夫に、上村選手は「私が全力で頑張った姿はしっかり見てくれたと思う。賢太郎さんもガツンとやっちゃってください」とエールを送った。

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:中心部で反対デモ 参加者7人逮捕
五輪モーグル:上村の出身地で「アイ、アイ」コール
五輪モーグル:「4年後も」8位村田、満面の笑み
バンクーバー五輪:カナダのアスリート4人が聖火最終点火
バンクーバー五輪:シュワ知事もランナーに 聖火リレー

警察署内発砲 傷害の容疑者、銃奪い 1人重傷 東京(毎日新聞)
弁護士法違反で柔道整復師逮捕=資格なく示談交渉-埼玉県警(時事通信)
<道路予算>3府県で10%以上増、参院選事情も反映?(毎日新聞)
新潟の福田組が5億円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
元県職員に有罪=道路回数券着服-千葉地裁(時事通信)

郵便不正公判「供述調書は検事の作文」と証人(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、偽の障害者団体証明書を発行したとして虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が17日、大阪地裁であった。

 自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)とともに、民主党の石井一参院議員(75)に証明書発行の口添えを依頼したとされる元会員(67)が証人出廷し、「石井議員の事務所に行った記憶はない。供述調書は検事の作文」などと述べた。「事実と違う」と主張しても、机をたたかれたとも証言。検察側の取り調べを批判した。

 検察側主張では、元会員は2004年2月下旬、倉沢被告とともに議員会館に石井議員を訪ね、証明書発行について口添えを依頼。石井議員は「厚労省に知り合いがいるから電話しておく」と応じ、村木被告の上司だった塩田幸雄・元障害保健福祉部長(58)に電話で依頼したとされる。

 倉沢被告も公判で、元会員と一緒に石井議員を訪ねた、と証言した。

 ところが、元会員は「石井議員の事務所に行った記憶は全くなく、その時の映像が(頭に)出てこない」と証言。調書にある石井議員とのやりとりについても「取り調べ検事に『作文だ』と言ったが、認めてもらえなかった」と語った。

 取り調べ状況について、元会員は「『記憶がない』と説明しても、検事から『いや、そうじゃない。事実はこうなんだ』と言われ、押しつけられた」と説明。「(検事が)声を荒らげたり、机をたたいたりすることが脅迫というなら、脅迫はあった」と言い切った。

ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解消実験(読売新聞)
首相官邸に実弾? 届く=小沢事務所にも、鑑定急ぐ-警視庁(時事通信)
地中海マグロが「おいしい」=苦境打開へ、あの手この手(時事通信)
<石巻2人刺殺>17歳無職少年「元交際相手が3人刺した」(毎日新聞)
グアム視察団、現地入り 社民、国民新はサイパンも訪問(産経新聞)

<新衆院議員会館>「小沢系」「非小沢系」部屋割りくっきり(毎日新聞)

 民主党は6月に完成する新しい衆院議員会館の部屋割りを決め、各議員に通知した。小沢一郎幹事長の部屋付近には、側近や昨年の衆院選で小沢氏の支援を受けて当選した女性議員らがずらりと並ぶ。一方、小沢氏と距離を置く顔ぶれは別の階に集められるなど、新たな部屋割りは党内の人間関係を浮き彫りにしている。

 建設中の新議員会館は衆院2棟、参院1棟。在任中は各議員に事務室1室(約100平方メートル)が無償提供される。

 小沢氏はこれまでと同じ、首相官邸に最も近い第1議員会館の605号室に陣取った。両隣を側近の元秘書、樋高剛氏と山岡賢次国対委員長が固めるのも今と同じ並びだ。同じ階には、小沢氏に近い細野豪志組織・企業団体委員長や海江田万里政治改革推進本部事務局長のほか、青木愛氏、田中美絵子氏、福田衣里子氏らが顔をそろえる。

 一方で、小沢氏と距離を置く前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、枝野幸男行政刷新担当相、野田佳彦副財務相ら、渡部恒三元衆院副議長が「七奉行」と呼ぶ面々は、8階に集結する格好となった。さながら第1会館は、6階が「小沢ストリート」、8階が「非小沢ストリート」という様相を呈している。【念佛明奈】

【関連ニュース】
衆院選:福田衣里子さんが「当選御礼」のつじ立ち 長崎
1月31日号
選挙:09衆院選 当選者と確定票 比例代表・九州
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 比例代表・九州
選挙:衆院選 初当選の福田氏、2時間ぐっすり 一夜明けつじ立ち

長谷川等伯展 出品の国宝2点搬出 京都・智積院から(毎日新聞)
<外国人選挙権>8県議会が反対に転向(毎日新聞)
【from Editor】テロで失われる命の尊さ(産経新聞)
若者の心理をつく“マルチのカリスマ”らの巧妙手口(産経新聞)
<ビル売却脱税>暴力団組長を起訴 東京地検特捜部(毎日新聞)

首相動静(2月15日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

大丸神戸店の現場も確認=高級腕時計窃盗で香港捜査員(時事通信)
銃撃漁船の2船長逮捕、漁業調整規則違反容疑(読売新聞)
新潟の福田組が5億円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
民主・玄葉氏 小沢支配を批判 (産経新聞)
「責めは当然感じるべき」小沢氏問題で鳩山首相(産経新聞)

夫の相続2億円隠す 妻「命にかえて残した」 大阪国税局が告発(産経新聞)

 死亡した夫の遺産約2億3600万円を隠し、相続税約5800万円を脱税したとして、大阪国税局が相続税法違反罪で、兵庫県姫路市の印刷会社「タツカワグラビア」の達川玉子取締役(64)ら3人を神戸地検に告発していたことが9日、分かった。重加算税を含む追徴税額は7800万円で、すでに修正申告しているという。

 関係者によると、達川取締役は平成19年3月に死亡した夫から、生命保険金など総額約5億2700万円の遺産を実子4人とともに相続した。しかし、親族に依頼して2億円分の金銭貸借契約書を偽造するなどし、遺産を架空の債務と相殺して約2億9100万円と申告、約1600万円しか納税しなかった。

 達川取締役は「夫が命にかえて残した保険金を少しでも多く残したかった」と話しているという。

【関連記事】
遺産脱税、自宅に現金4億3000万円
“ヒルズ族”を在宅起訴 FXで1億6千万円脱税
「貧困ビジネス」で蓄財5億円 名古屋国税局、無料低額宿泊所運営団体を告発
派遣村で国に皮肉 「お気の毒」で済むのか
“脱税マネー”を隠蔽…重い鳩山首相の道義的責任

<文化審議会>委員20人決まる(毎日新聞)
火の回りの早さを確認 老人施設火災で群馬県警(産経新聞)
<レセプト>電子請求義務化を民主党に要望 薬害被害者団体(毎日新聞)
志賀高原で雪崩、ホテルに流れ込み2人けが(読売新聞)
小沢幹事長の資産総額20億円、貯金0!?…衆院議員資産報告書公開(スポーツ報知)

女流名人に17歳・里見香奈さん、2冠に(読売新聞)

 将棋の第36期女流名人戦(報知新聞社主催)の五番勝負第3局が10日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われ、現役高校生の里見香奈倉敷藤花(17)が、清水市代女流名人(41)に勝ち、3連勝とし、史上4人目となる10代での女流名人位を獲得した。

御室桜 クローン技術での増加に成功 京都の仁和寺の桜 (毎日新聞)
<タミフル>輸入代行業者ら逮捕へ 違法広告容疑で大阪府警(毎日新聞)
自社のベビーカーなど260点運び出す 窃盗容疑で会社員逮捕(産経新聞)
都立病院で職員が架空の医師給与計上 4千万円詐欺(産経新聞)
<大雪と強風>北日本から北陸の日本海側で 交通機関に乱れ(毎日新聞)

<首里城花まつり>9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)

 那覇市の首里城を約9万鉢の花々で彩る「首里城花まつり」が開かれ、観光客を楽しませている。

 正門「歓会門(かんかいもん)」から、王が住み、公の儀式を執り行う場でもあった正殿(せいでん)前の「御庭(うなー)」を、マリーゴールドやサルビア、パンジーなど7種類の鉢植えが飾る。朱塗りの首里城に白や黄色、紫、ピンクなど鮮やかな花々が咲き誇っている。

 28日まで。日没から午前0時までライトアップも。入場は午前8~午後7時(有料の正殿は午前8時半~午後6時半)。【三森輝久】

堺市職員、盗撮で現行犯逮捕=大阪府警(時事通信)
免停中も不正免許で公用車運転 “副業”で代行運転中に死亡事故起こした元高崎市職員、追送検 群馬・伊勢崎署(産経新聞)
大阪・西成で不審火4件 自転車やビニールシートなど燃える(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を確認(時事通信)
信長は隠れ大文字山ファン? 「四神」に守られた都を望む船岡山(産経新聞)

民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)

 8日午前1時55分ごろ、山口県美祢市美東町長登の無職秋田喜美雄さん(80)方から出火、木造平屋建ての住宅約230平方メートルを全焼した。焼け跡からは男女の遺体が見つかった。秋田さん、妻武子さん(75)と連絡が取れていないという。
 県警美祢署は出火原因を調べるとともに、死亡したのは秋田さん夫婦とみて身元確認を急いでいる。 

【関連ニュース】
ブリーダー犬舎全焼、70匹焼死=奈良
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず
妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕
豚舎火災、5000匹焼死=北海道
長屋火災で2人死亡=住人の夫婦か

最年少の女流プロ棋士、藤沢名誉棋聖の11歳孫(読売新聞)
公明、太田前代表衆院選へ(産経新聞)
明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討-厚労省(時事通信)
法科大学院入試で合格者ゼロ=全国初「入学者なし」か-姫路独協大(時事通信)
前原誠司国交相 父親の自殺を初告白(スポーツ報知)

<首都圏連続不審死>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)

 埼玉県富士見市の駐車場に止められていたレンタカー内で昨年8月5日、大出嘉之さん(当時41歳)を練炭自殺に見せかけ殺害したとして木嶋佳苗容疑者(35)が逮捕された事件で、県警が捜査を本格化させた端緒は、少しだけ前へ倒れていたレンタカーの運転席の背もたれだった。捜査幹部によると、亡くなった大出さんが動かしたとは考えにくく、別の人物が関与したとの疑念を強めたという。「あれで『おかしい』って話にならなければ、99.9%自殺で終わっていたんだよ」【小泉大士、長野宏美】

【容疑者のセレブ?な写真】「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者

 捜査関係者らによると、レンタカー内は助手席に練炭が燃やされた跡があり、後部席の大出さんは頭を助手席側に傾けるように死亡していた。現場の捜査員から「練炭自殺でいいと思う」との意見が出た。カードキーが見つからなかったが、大出さんが捨てたのかもしれなかった。

 しかし運転席をよく見ると、背もたれが少しだけ前方に傾いていた。このまま運転するのは窮屈。車が止まってからだれかが背もたれを動かしたのだ。大出さんが自殺する時に背もたれが邪魔と考えたなら、全部倒してスペースを作るだろう。なぜ少しだけなのか。

 おかしい。

 大出さんの周辺を捜査すると、彼はこの日から木嶋容疑者と旅行に行く計画だったことが判明。司法解剖された遺体からは睡眠薬の成分が検出され、疑惑が一気に強まった。捜査幹部は言う。「経験でピンと来たと言えば、そうなのかな。ただ背もたれがきちんと戻されていたら、どうなっていたか」

 県警はレンタカーを運転していた木嶋容疑者が(1)駐車場到着後、運転席から後部席に移り、運転席の背もたれを大きく前へ倒して動けるスペースを作った(2)助手席で眠り込んでいた大出さんを後ろから引きずって後部席に移動させた(3)背もたれを元に戻したが、戻りきっていない状態のまま車から離れた--との見方を強めている。

    ■

 木嶋容疑者の周辺では、大出さんら計4人の男性が不審死している。このうち07年8月に急死した千葉県松戸市のFさん(当時70歳)と、09年2月に自宅マンションで死亡しているのが見つかった東京都青梅市のTさん(当時53歳)の2人は当時の検視でそれぞれ病死、練炭自殺と判断され、遺体は解剖されなかった。

 その後、Fさんは約7400万円を木嶋容疑者に渡していたことが判明。Tさんも約1700万円を渡し、死亡していた部屋に練炭を燃やした七輪が6個あったなどの不審点が明らかになった。

 「もう少し周辺捜査を尽くすべきだった」。ある捜査幹部は反省の弁を述べるが、法医学者の間からは「またか」と冷めた声も聞かれる。現在の検視制度が犯罪見逃しの要因となっているとの認識は、法医学界では常識化しているからだ。

    ■

 変死体発見時に行われる日本の検視は、法医学の知識に乏しい警察官が遺体の表面を見ただけで事件性の有無を判断するケースが多い。「事件性なし」とされた遺体は解剖されず葬られる。警察が扱う遺体の解剖率は10%前後で、米国や英国の5~6分の1程度。背景には法医学の専門教育を受けた警察官(検視官)や解剖医の不足がある。一方で全国の警察が扱う遺体は増加傾向にあり、09年は16万858体に上った。

 警察庁は1月29日、解剖や検視体制の強化を検討する研究会を設置した。4月の予定を前倒しで発足させ、首都圏と鳥取で相次いだ連続不審死事件の影響がうかがえる。中井洽・国家公安委員長は「凶悪な犯罪を見逃さないシステムを構築する」と意欲を見せる。

【関連ニュース】
<首都圏連続不審死>静かな人、ネットで能弁…木嶋容疑者
<首都圏連続不審死>すりこぎから睡眠薬 つぶして混ぜる?
<首都圏連続不審死>大出さん殺害現場物色か 車Uターンも
<余録>連続不審死の背景

<教員採用>秋田で落ちても東京で合格 都県が連携(毎日新聞)
知人の57歳男を指名手配=新聞配達員の女性殺害で-山梨県警(時事通信)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
春の始まりに「立春の酒」を=福島県磐梯町〔地域〕(時事通信)
春闘 主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)

日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響-気象庁(時事通信)

 日本列島は5日、冬型の気圧配置が強まり、日本海側の北海道から東北、北陸を中心に、所により大雪が降った。気象庁は、6日も続くとして、大雪や強風、高波に警戒を呼び掛けた。
 JRによると、北海道や東北、北陸では特急や急行の運休、在来線の遅れが生じた。日本航空や全日空によると、函館、青森、秋田、新潟、小松の各空港で欠航や遅れが発生。6日は午前から名古屋・中部国際空港、午後に札幌・新千歳空港でも発着便が影響を受ける恐れがある。
 6日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北陸が100センチ、東北と長野、群馬両県が80センチ、岐阜県が60センチ、北海道が50センチ。 

<さっぽろ雪まつり>大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)
<普天間移設>検討委、10、11両日グアム米軍基地視察(毎日新聞)
警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑-愛知県警(時事通信)
首相動静(1月31日)(時事通信)
衆院予算委開会ずれ込み 「個所付け」問題で野党が硬化(産経新聞)

循環取引事件で辞任の元社長、車内で練炭自殺?(読売新聞)

 7日午前1時10分頃、広島市南区皆実町のショッピングセンター駐車場で、止めてあった車の中で男性が倒れているのを警備員が発見し、119番。

 市消防局の救急隊員らが駆けつけたが、男性はすでに死亡していた。

 広島県警によると、男性は広島ガス開発(広島市南区、別会社に事業譲渡)の元社長(59)。車内に練炭があったことなどから、県警は自殺とみている。

 同社は、架空の循環取引を行っていたとして、1月に詐欺容疑で元建装課長が逮捕、起訴された。

 元社長が在任中の2009年3月に循環取引が発覚し、同年4月に辞任していた。

新型インフルもこれで恐くない!? 点滴の治療薬が登場(産経新聞)
東京地検が2回目の聴取…小沢氏、会見で認める(読売新聞)
大阪・泉佐野市が学校統廃合など健全化計画を公開(産経新聞)
代表質問参院でもスタート 首相、小沢氏の国会招致「小沢氏が判断」(産経新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず-法制審部会(時事通信)

大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)

 非常に強い寒気と冬型の気圧配置の影響で6日、北日本や北陸は大雪と強風に見舞われた。新潟市内では吹雪で車約100台が一時動けなくなり、乗っていた70人以上が近くの施設に避難するなど、市民生活に大きな影響が出た。気象庁によると、新潟、群馬両県では24時間降雪量が70センチを超えた所があり、新潟県十日町市の積雪は同日午前5時に300センチに達した。

 新潟市西区では、吹雪による視界不良のため通行止めになった国道116号(新潟西バイパス)から周辺の広域農道に迂回(うかい)した車が次々と雪にはまるなどし、一時数カ所で計100台以上が動けなくなった。同市は周辺の体育施設など7カ所に臨時避難所を設置し、3カ所に計76人が避難。男性(58)が一時的な過呼吸で病院に救急搬送された。

 同市によると、午後10時半現在、なお58台が立ち往生したままで、車内に残って車が動くのを待っている人もいるという。

 国道116号は曽和インターチェンジから最長約4.5キロの区間で、6日午前5時ごろから午後2時40分まで10時間近く通行止めになっていた。吹雪は夜になってやや弱まり、除雪やレッカーで車を移動する作業が進められているという。

 同区の健康センター「アクアパークにいがた」には54人が避難し、疲れ切った表情で復旧を待ち続けた。同区の桐生俊夫さん(69)は「2時間ほど動かそうとしたがあきらめた。この吹雪ではどうしようもない」とあきらめた様子だった。【畠山哲郎、岡田英、塚本恒】

 ◇都心でも強風

 気象庁によると、6日午後11時現在の各地の積雪は▽山形県大蔵村268センチ▽北海道幌加内町238センチ▽福島県只見町231センチ--などで、平年を上回っている所が多い。最大瞬間風速は▽新潟県佐渡市31.5メートル▽秋田市27.9メートル--などで、東京都心でも22.5メートルを記録した。【福永方人】

 ◇交通機関に乱れ

 雪や強風の影響で、各地の交通機関は乱れた。JR各社によると、東海道新幹線は雪のため一部区間で速度を落として運転。上下線計148本が10~39分遅れ、約9万4000人に影響が出た。

 東北新幹線では午後9時50分ごろ、福島市栄町の福島駅で、積雪のためポイントが切り替わらなくなるトラブルがあり、同駅に停車中の新庄発東京駅行きの上り「つばさ132号」(7両編成)が運休した。乗客約120人は後続の「やまびこ70号」に乗り換えた。このトラブルで同新幹線の上下2本が14~27分遅れ、約800人に影響が出た。空の便も欠航が相次ぎ、全日空は66便、日本航空が計21便欠航した。【山本将克】

【関連ニュース】
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
大雪:東北、北陸に寒気直撃…京都・金閣寺雪化粧
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度
大雪:新潟で100センチを予想 4日午後6時までに
雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方

関テレ社員、プロ野球選手住所入りメモリー紛失(読売新聞)
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明-福岡大、理研(時事通信)
企業献金禁止「早期実現を」=民主・細野氏(時事通信)
民家の玄関先、へその緒ついた乳児置き去り(読売新聞)
日暮里舎人ライナーが運転再開(産経新聞)

小沢氏元秘書の石川議員ら3人起訴…東京地検(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は4日、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)、同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)の3人を、政治資金規正法違反(虚偽記入)で東京地裁に起訴した。

川に乗用車転落、車内に男女2人の遺体(読売新聞)
<火災>群馬で店舗全焼…焼け跡から遺体(毎日新聞)
燃料電池の研究拠点視察=鳩山首相(時事通信)
陸山会事件、捜査大詰め=3容疑者、供述ほぼそろう-刑事処分判断へ・東京地検(時事通信)
日医会長選、京都府医の森会長が出馬表明(医療介護CBニュース)

<黒澤明記念館>建設資金調達の報告 財団がキャンセル(毎日新聞)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している黒澤明文化振興財団が、約4億円の寄付金を決算報告書に記載していないなどのずさん運営が指摘されている問題で、09年12月に記念館建設資金の調達状況について市が再度求めた説明を財団側がキャンセルし、そのままとなっていることが分かった。市は1日、財団の黒澤久雄理事長にあてて、資金調達の現状報告と寄付金問題の説明をするよう文書で求めた。

 塚部芳和市長が同日の定例会見で明らかにした。市によると、財団の田畑稔常務理事は寄付金について09年12月1日、市や市議会に「凍結(保管)している」と説明し、その席で同18日にはさらに詳しい説明をする約束をしていたという。

 しかし、同財団の田畑常務理事から「パリでの企画が延びて行けなくなった」と連絡があり、説明はキャンセルされた。その後、連絡を取ったが多忙を理由に日程が決まらず、寄付金の不明朗な取り扱いも表面化した。

 塚部市長は財団側から建設資金の調達状況や寄付金の明朗化などを聞き取って建設の是非を判断する方針。寄付金について「保管されていなければ背信行為。建設されないなら返還すべきだ」と述べた。

 同記念館は建設費約19億円を寄付金で賄い、黒澤明生誕100周年の10年に完成する予定という。市は記念館設立に絡む権利購入や土地造成などで約3億5100万円を支出している。【原田哲郎】

衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)
国選弁護人を選任ミス=対象外の容疑者に-福岡簡裁(時事通信)
「子の奪取」条約加盟を要請=外相「国内法整備が必要」-米英大使ら(時事通信)
片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り(産経新聞)
<強盗>無職男性を殴り現金50万円奪う 岐阜で男2人(毎日新聞)

ブラジル人が乗車か=事故車両に携帯-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)

 名古屋市熱田区の国道交差点で1日未明、乗用車が歩道に乗り上げ、男女3人がはねられ死亡した事故で、車内から見つかった携帯電話などから、愛知県内に住むブラジル人の男が車に乗っていた可能性があることが1日、県警熱田署捜査本部への取材で分かった。
 捜査本部は、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死の疑いで、現場から逃走した男ら数人の行方を追っている。
 捜査本部によると、現場に放置されていた国産高級車は2003年6月に名古屋市名東区内で盗まれた車で、08年に車検が切れた別の車のナンバープレートが付けられていた。車内を調べたところ携帯1台が見つかり、履歴などから携帯はブラジル人の男が使っていた可能性があることが分かった。
 また、対向車の運転手の証言から車は赤信号を無視した疑いがあることが判明。かなりのスピードで交差点に進入した可能性が高く、捜査本部は危険運転過失致死容疑の適用も視野に捜査を進める。 

【関連ニュース】
歩道に乗り上げ、男女3人死亡=運転手ら逃走、外国人か
米兵をひき逃げで追起訴=沖縄の死亡事故
ひき逃げ事件で別人の写真放送=25日に2度
47歳左官の男逮捕=ひき逃げ24キロ引きずり事件
日系ブラジル人を起訴猶予=ひき逃げ、代理処罰で有罪

亀井氏、ヤジに「うるさい」=野党反発、一時騒然-参院予算委(時事通信)
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も(産経新聞)
上田容疑者 腕に争った傷跡 鳥取不審死 同居男が証言(産経新聞)
施政方針演説で首相「批判覚悟で思い切って」(産経新聞)
フィアット不買運動 イタリア与党の青年部が発表(レスポンス)

検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石 明石歩道橋事故(産経新聞)

 明石市の花火大会事故で、神戸第2検察審査会は事故当時の明石署副署長について起訴相当と判断した。この結果、元副署長は強制的に起訴され、法廷で刑事責任の有無が審理されることになる。

 「公益の代表者」とされる検察官は、無罪となった場合に起訴された被告の人権侵害が甚大であることを踏まえ、有罪判決を得られる確証を持ち得ない状況での起訴に慎重になる側面があった。しかし、審査会は議決文の冒頭で、検察官の立場に理解を示しながらも、「有罪か無罪か」という従来の検察の立場ではなく、「市民感覚の視点から、公開の裁判で本件の事実関係および責任の所在を明らかに」する立場に立ったと明言している。刑事事件を審理する法廷のあり方にまでかかわるスタンスの違いともいえる。

 戦前の旧刑事訴訟法の時代から、公訴権を独占してきた検察官。裁判員制度の導入とともに公判での立証活動は「精密司法」から「核心司法」へと大きな変化を迫られたが、今回の議決は、市民の司法参加が起訴のありようにも一石を投じたといえるだろう。

 そのうえで、審査会は元副署長の過失の有無について検討。事故当日の対応だけでなく、元副署長も関与した警備計画の策定の段階にまでさかのぼり、過失はあったと結論づけた。事故の原因を現場の警備責任者だった当時の明石署地域官らが対応を誤ったことだと判断し、副署長の起訴を見送ってきた神戸地検の訴因の構成を「理解できない」とまで断じている。

 だが、審査会の判断だけが突出しているわけではない。署幹部の責任については、地域官らを有罪とした平成19年4月の大阪高裁判決も「刑事責任が不問に付されているのは正義に反する」と言及。遺族らによる損害賠償請求訴訟の判決でも触れられており、結果的に神戸地検の判断だけが“浮いた”格好だ。

 しかし、地検が4度、不起訴としただけに、強制起訴後の公判は、検察官役となる弁護士が立証に苦心することも予想される。強制起訴初となる公判だけに行方が注目を集めそうだ。(神戸総局 塩塚夢)

【関連記事】
明石歩道橋事故 指定弁護士が「検察官役」、公判で有罪立証へ
被害者救済? 感情に流される? 「起訴議決」冷静な検証を
明石歩道橋事故 指定弁護士が検察官役、難しい公判か
「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族
明石歩道橋事故 検察官が意見陳述 元副署長の処分 近く議決

元中京銀行支店長を逮捕=手形割引悪用、特別背任容疑-愛知県警(時事通信)
【中医協】有床診の後方病床機能を評価(医療介護CBニュース)
<詐欺>故笹川氏の孫名乗り5千万円詐取の疑い 女を逮捕(毎日新聞)
<調査捕鯨船妨害>衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局(毎日新聞)
宗教法人代表、準強姦容疑で逮捕=女性信者に乱暴-茨城県警(時事通信)

デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長-菅財務・経財相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務・経済財政担当相は29日の衆院本会議で、財政演説と経済演説を行った。財政演説では、2010年度予算案の年度内成立が必要不可欠と訴える一方、今年前半までに財政健全化への道筋を示す方針を表明。経済演説では、新成長戦略を通じ経済成長を実現すると強調し「デフレの克服に向け日銀と一体となって強力かつ総合的な取り組みを行う」との姿勢を示した。
 財政演説では、10年度末に国と地方を合わせた長期債務残高が862兆円に達するなど膨張する財政赤字について「極めて厳しい状況」と指摘。その上で「財政に対する信認を確保することは、活力ある経済社会の基盤になる」と財政規律維持の必要性を訴えた。その上で「経済成長との両立を図りつつ、財政健全化に取り組む」との方針を示した。
 経済演説では、日本が保ってきた世界第2位の経済大国の地位を中国に譲る可能性に言及した上で「成長戦略を推進することで新たな成長を実現できる」との考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~東京地検、小沢事務所から2000万円押収~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

自己判断で2割がタミフル服用中止(産経新聞)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
里見が得意の中飛車…将棋女流名人位戦速報中!(スポーツ報知)
第2次補正予算案、参院で審議入り(医療介護CBニュース)
<石川知裕議員>自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)

センター追試開始 例年より1週間遅れ(産経新聞)

 大学入試センター試験の追試験が30日、2日間の日程で全国48の会場で始まった。今年は新型インフルエンザ対策として例年より時期を遅らせて本試験の2週間後とし、会場数も大幅に拡充。受験許可者は、過去最多の972人に上った。

 初日は本試験と同様、公民、地理歴史、国語などを実施。受験許可者のうち、新型と季節性のインフルエンザを理由とするのは384人、発熱などの類似症状は125人で、交通遅延などにより本試験が受けられなかった受験生も100人以上いた。

 大学入試センターは当初、追試対象者を5万人規模と想定したが、「大幅に少ない人数になった」としている。

 英語のリスニングで監督者のミスにより試験時間が足りなくなった1人も再試験の対象になった。

 同センターは新型インフルエンザ対策として、各都道府県で追試を受けられるように会場を従来の全国2カ所から増やした。時期も従来は本試験の1週間後だったが、今回は2週間後にした。

<九州新幹線>全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
<3月失職予定者>6440人増加 パートが過去最多に(毎日新聞)
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」(産経新聞)
定昇維持巡り厳しい攻防…春闘スタート(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。