スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口宇宙飛行士 水のありがたさを実感 帰還後初の会見で(毎日新聞)

 日本人最長となる163日間の宇宙滞在を終え、国際宇宙ステーション(ISS)から地球に帰還した野口聡一宇宙飛行士(45)が9日、自宅のある米テキサス州ヒューストンで帰還後初めて会見した。

 会見は、ヒューストンと東京を衛星回線で結んで開かれた。野口さんはカメラに笑顔で右手を振り、ちゃめっ気たっぷりに約40分間会見。「川のせせらぎ、飲む水、浴びる水、流れる水のありがたさを実感する」と語る一方「明日起きたら普通に浮いているんじゃないかと思う」と「宇宙気分」が残っていることも明かした。

 野口さんは帰還した2日に専用機で米国に戻り、今は重力に慣れるためのリハビリの日々。夜は自宅に戻り、冷たいビールと手巻きずしなど、家族水いらずの一時を過ごしているという。

 野口さんは09年12月21日、ロシアのソユーズ宇宙船で打ち上げられた。ISSでは生命科学や物理学の実験などに取り組み、スケジュールの合間を縫って撮影した地球の写真やメッセージを「ツイッター」(簡易ブログ)経由で発信。世界各国の約25万人に愛読された。【山田大輔、ヒューストン(米テキサス州)吉富裕倫】

【関連ニュース】
野口宇宙飛行士:「まずは風呂」 元気に帰還
野口宇宙飛行士:無事生還に後輩たち大喜び 母校の斑鳩小
野口宇宙飛行士:無事帰還 滞在163日、通算日本人最長
野口宇宙飛行士:ソユーズ午後帰還へ ISS長期滞在から
野口聡一飛行士:ISSで会見 「あと2~3カ月大丈夫」

盗撮行為の大阪市職員逮捕 東成署(産経新聞)
首相指名選挙 参院も菅氏指名 第94代首相誕生(毎日新聞)
「小幅入れ替え」菅新内閣 サプライズは蓮舫議員?(J-CASTニュース)
民主・輿石氏、参院選目標は「単独過半数」(読売新聞)
アパートで64歳男性刺され死亡=「墓参りで口論」容疑の長男逮捕―警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

<郵政改革法案>衆院通過へ 与野党の対立は激化(毎日新聞)

 郵政民営化を見直す郵政改革法案は31日午後の衆院本会議で、民主党など与党の賛成多数で可決され、参院に送付される見通しだ。ただ自民党など野党は、28日に衆院総務委員会で与党側が6時間足らずの委員会審議で採決に踏み切ったことに強く反発しており、審議の引き延ばしを図るなど与野党の対立が激化している。

 民主党は郵政改革法案の今国会成立を国民新党との選挙協力を進める上で不可欠と位置付けている。社民党の連立離脱で重要性はさらに高まっており、強硬姿勢で臨む方針。

 同法案の採決に先立ち衆院本会議では、自民、公明、みんな、たちあがれ日本の4党が口蹄疫(こうていえき)問題で提出した赤松広隆農相への不信任決議案と、自民、公明、共産、みんなの4党提出の東祥三衆院経済産業委員長(民主)の解任決議案が採決され、いずれも与党の反対多数で否決される見通し。

 野党側は亀井静香金融・郵政担当相らに対する不信任決議案の提出も検討しており、郵政改革法案の採決は深夜にずれこむ可能性もある。【大場伸也】

【関連ニュース】
郵政改革法案:与党、衆院委で強行採決
郵政改革:民営化見直し方針、WTO高官が初協議
郵政改革法案:衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席
総務省:日本郵政の「委員会設置会社」見直し提言…検証委
郵政改革法案:閣議決定、3社体制に再編

加藤元名人の敗訴確定へ=控訴見送り―野良猫餌やり訴訟(時事通信)
国道側溝に男性の切断遺体=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
<社民党>普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
画家ミュシャの華麗な世界150点(産経新聞)
<口蹄疫>鳩山首相、近く宮崎訪問(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。